恐ろしい糖尿病の合併症

 

血糖値が上がったり下がったりを繰り返す事で体に負担をかけ、ホルモンバランスが異常をきたし高血糖が続くようになります。
血糖値を下げるためのホルモンであるインスリンが働かなくなり糖尿病になるのです。

 

この糖尿病は非常に恐い病気と言われており、糖尿病初期段階ではほとんど自覚症状がないので発見が遅れます。
しかし発見が遅れるために気がついた時には手遅れになっている場合が多く、そのまま放置して5年〜10年の歳月が流れ、糖尿病が進行するとさらに様々な病気の原因となり合併症をおこします。

 

特に、腎臓障害、網膜症、神経障害は糖尿病の3大合併症と呼ばれていて、様々な病気を併発することによって命の危険をも伴う事になります。

 

ここでは恐ろしい糖尿病の合併症について紹介していきます。

 

 

腎臓の病気

腎臓は血液が運んできた体内の老廃物を濾過して、血液を綺麗にして濾過された老廃物は排泄物になって尿として体の外へ出す働きをしています。
しかし、糖尿病が進むと尿を作るための機能が低下。
腎臓も正常な濾過機能が出来なくなり、どんどん血液が汚れたまま循環されるようになります。
そして結局は人工透析によって血液を入れ替えないと生きていけなくなるのです。
ここまでに至るのは、糖尿病にかかってから長い年月と進行があっての事です。
何よりも早期発見が大切です。

 

 

網膜症からの失明

現代日本の視覚障害者の5人に1人は糖尿病により視力を失っています。
高血糖により血液がドロドロになると血管が傷つきボロボロになっていきます。
目の網膜には細い血管が張り巡っているので、これらの小さな血管は一番にもろくなります。

 

始めは目の中にシミのようなものが出来ますが、自覚症状が全くないため気がつきません。
そのうちに、血管がつまり目の毛細血管に血液が足りない状態に陥ります。
ここでも自覚症状はまったくないと言われます。
そして最終段階で網膜症になってしまってから「目の中に煙のすすがあるみたい」とか「目がかすみ赤いものが見える」などと言う自覚症状が現れます。
こうなった時にはかなり進行していて失明の危険もあるのです。
網膜症が進行する過程で、黄斑や血管新生緑内症が発生する場合もあり、これらも大きな視覚障害につながります。

 

高血糖や糖尿病に加えて視力が下がったなと感じたらすぐに眼科に行く事をオススメします。

 

 

脳梗塞・心筋梗塞

高血糖により血液がドロドロになる事で動脈硬化が起こります。
そしてこの動脈硬化が脳梗塞と心筋梗塞の原因になるのです。
動脈硬化が進むと、血栓が出来血液がスムーズに流れなくなります。
この血液の塊(血栓)が大きくなると血管がつまり、血液の流れををせき止め血液の流れはストップします。
これが「梗塞」で死へと繋がる怖い症状です。

 

脳梗塞や心筋梗塞は突然起こり、発見が遅れれば命を落とす事や麻痺や障害が残る事も多くある恐ろしい病気です。
血液をサラサラにするための食事や足つぼで血液の異常を改善しましょう。

 

 

神経障害

人間の体の運動をつかさどる運動神経や、体の内部の調節・バランス機能をつかさどる自律神経などの神経系統に障害をきたす病気です。
これらは糖尿病になると早い段階で症状が現れます。
立ちくらみや手足のしびれ、便秘、排尿困難や顔面の神経麻痺など神経系の様々な障害が見られるようになります。

 

 

昏睡

意識障害による昏睡や糖尿病の治療を自分の判断で急に止めてしまった時に起こることが多い昏睡。
急に意識がなくなり昏睡状態に陥る事で死に至る事もあります。

 

 

壊死

高血糖により血液の流れが悪くなる事で、手足のつま先まで血液が行き渡らない状態になり、手足が冷えるようになります。
この状態が続くと足先から細胞が死んでいき、気がつくと壊死してしまいます。
こうなると足の指の切断を余儀なくされます。
足の親指を切断するとバランス感覚が取れなくなってしまい歩行困難になることもあります。
そうなる前に足ツボマッサージなどで足の先まで血液が流れるように促すように心がけましょう。