血糖値をコントロールする食事法!

 

血糖値は毎日の食事で大きく変動します。
そして私たちの身の回りにある食べ物には血糖値を急激に上げる食べ物と緩やかにあげる食べ物があり、食物や商品によっても体への影響や負担も変わってくるのです。
ひどい空腹の時に、血糖値が急上昇する食べ物にがっついて早食いしてしまうと、体の中の血糖値は急上昇。
それに対応するために体には大きな負担がかかってしまいます。

 

では血糖値を上げやすい食べ物と血糖値を上げにくい食べ物にはどのような種類の食べ物があるのでしょうか?
血糖値と言うくらいですから、糖分が多い食物は当然血糖値を急激に上昇させる要因ですよね。
例えば、白米やパン、うどんやお餅など主食となる炭水化物は人間にとって重要なエネルギー源で糖分が多く含まれており、急激に血糖値を上げる作用を持ち合わせています。
その逆に、野菜や海藻類、豆腐などは血糖値をゆるやかに上昇させてくれる食べ物です。
野菜と言ってもジャガイモやサツマイモなどには糖分が多くが含まれていますので、緑黄色野菜を始めとする葉ものの野菜と考えてください。

 

食事を取る時には、まずサラダや副菜として出されるお浸し系の野菜、海藻、お味噌汁などの豆腐食品から食べ、ご飯とメインの食材はその後に食べるように心がける事で、急激な血糖値の上昇は防げます。
食べ方の順番を変えるだけの簡単な心がけで体への負担を大幅に減らす事が出来るのです。

 

高血糖が招くインスリン異常から糖尿病へつながり、合併症を引き起こし命に関わる病に辿り着くのには、これらの血糖値の急上昇による体への負担というのが大きな要因になっています。
血糖値を急激に上げる食べ物を先に食べずに、血糖値に影響のない食べ物から食べ始め徐々に血糖値を上げていくと言う方法を取る食事療法は無理がなく体への負担も減らせるため効果的です。
食事をする時に少し気をつけるだけで血糖値の急上昇は防げるのです。

 

 

分かってはいても、仕事中や忙しい時はおにぎりやパンが手っ取り早かったり、仕事の休憩中にうどんを食べるくらいが手っ取り早いと言う方々も多いのではないでしょうか。
簡単な食事で間に合わせていると悪循環に陥ります。
血糖値の急上昇に加え、栄養バランスも壊れてしまいますので、コンビニ・外食生活は一番危険です。
こんな時にオススメするのは「食べ合わせ」です。

 

例えば時間がないからおにぎりで済まそうとしたり、コンビニのお弁当で済まそうとする場合、サラダや副菜もなくそれらを単品で買って食べる時間もないと言う時…
食事の前に野菜ジュースを飲むように心がけましょう。
その際、無糖の野菜100%のジュースを買って食事前にそれを飲んでから食事を始めましょう。
野菜100%ジュースはコンビニにも売っていますので手軽に手に入りますし手早く飲むことが出来ますので、忙しいあなたにも出来るはずです。

 

また、パンを食べる前には豆乳を飲みましょう。
豆乳も血糖値を緩やかに上昇させてくれますので、緩やかに上昇した後にパンを食べる事で急激に血糖値が上がるまでのつなぎとしても体への負担を少なくしてくれます。
豆乳飲料はコンビニやスーパーでパックもの調度いい量のものも売っていますので、パンを買うついでに豆乳を手にとって食べ合わせてみてください。

 

外食する時も、お店に行くまでの間に一本野菜ジュースを飲んだり豆乳を飲んだり、食事時間の前の休憩の時にそのような飲み物を飲むなどの工夫がされていると良いと思います。

 

 

また、急激な血糖値の上昇というのは、ひどくお腹がすいた時に起こります。
お腹がすくと言う事は体の中の血糖値が下がり、低血糖になっている状態の事を言います。
この低血糖状態から一気に炭水化物を摂取して高血糖状態に持っていくと、その差は急激なものになりますよね。
「急激」である事が、体に負担をかける一番の要因なので、限界までお腹がすく前に食事を取ると言う方法も効果的です。
特に糖尿病の方々は、一日三食のリズムに捕らわれず、少ない量で回数が多い食事を心がけ、低血糖にならないように、常に血糖値を正常値一定にコントロールすると言う方法もとられます。

 

高血糖が慢性化して糖尿病になると、食べ物の量を制限して食事の中でのカロリーや糖分管理が必要となってきますので、そうなる前に食事の中でのちょっとした心がけで予防していきましょう。

テスト

テスト

テスト

テスト

テスト

テスト